地元のフレンチレストランと

20年来通っている大好きな地元のレストランのウェブサイトを作ることになり、現在張り切って制作を進めています。



きっかけは4月の緊急事態宣言下の営業自粛。大好きなお店がピンチかもしれない。さすがにお店がなくなることはないと思うけど、コロナなんかに負けないでこの時期を乗り切ってほしい。何か一言伝えたくて電話以外の連絡先を探したところ、幸いスタッフの方が更新しているFacebookページがあったので、そこから激励(?)のメッセージを送りました。マダムから「元気ですよ〜」と電話をいただいたときに「こういうとき、やっぱりウェブサイトがあると便利ね」という話になり、役に立てるならと喜んで制作させてもらうことになったのでした。


これまでアナログだったけれど、「せっかく始めるのだから」と、PCを新調するところからプロジェクトをスタートしたシェフとマダム。Wifiって何? WindowsとMacどっちがいいの?という質問から始まり、PCを買いに行った吉祥寺のヨドバシカメラから「この機種にしようと思います!」と実況が入ったりして、とても楽しそうです。改めてじっくりお話を聞いてみると、実は並々ならぬ意気込みで「こんなことをやってみたかった」とアイディアがお二人からいろいろ出てきます。


地元の人たちに長く愛されているこのレストランは、その後まもなく期間限定のテイクアウトメニューを始め、連日予約で大賑わいでした。6月の解除後もテイクアウトメニューは残り、営業時間も変更に。「大変なことも多いけど、お客さんの思いがけない声援や自分たちの時間など、得たものもたくさんあった。それまでの仕事のしかたを見直すきっかけになった」とシェフもマダムもしみじみとおっしゃっていました。


せっかくだから、写真も全部撮りおろしにしよう。動画も取り入れて、お店の雰囲気が伝わる、食べたくなる、行きたくなる、かっこいいビジュアルにしよう!と、話し合うたびに盛り上がっています。私の知っていることを全部伝えて、お店のために役立つツール、お客さんに楽しく見てもらえる素敵なページを作ろうと思います。出来上がったら、またお知らせしますね。