top of page

インテリアのリフレッシュに良い年

(2022年6月24日配信のニュースレターをこちらにも掲載します)


こんにちは。エディターの田村です。

夏至を過ぎて気温がぐんぐん上がっている気がします。

今週はいかがお過ごしでしたか?


仲良くさせていただいているインテリア業界の友人から

今年の初めに聞いたある話がずっと気になっていたのですが、

何も行動を起こさないまま、半年経ってしまいました。

その話とは、「今年は住まいをきれいに整えたり、

インテリアのリフレッシュをしたりするのに非常に良い年である」

この通りの表現ではなかったのですが、そんな主旨でした。

その友人が仕事で知り合った高名な風水の先生から

「2022年は36年に一度の五黄の寅年で、大きなスタートに向いている。

新築やリフォームがすごくいいから、今年は大忙しになるわよ」

と言われたのだとか。

そもそも寅年は

住まいやインテリアに手を入れると開運する年と言われていて、

その友人によると、振り返れば偶然、12年前と24年前に

住まいの大きな変化を経験していたとのこと。

とても良い仕事を積み重ね、着実に会社を成長させて

大活躍している人なので、その説得力のあることといったら。

実際、私はそれを聞いてちょっとスイッチが入りました。

今年中に家のどこかをリフレッシュしたいなぁと思い始め、

そうだ、洗面室とトイレのリフォームはどうだろう、

水回りだし、きっといいはず!(ワクワク♪)

が、いつの間にか時間は過ぎ、

6月が終わろうという今、ふと思い出した、という状況です。

このニュースレターを読んでくださっている方は

インテリアや暮らしまわりのプロの方々が多いと思うのですが、

この話、どう思われますか? 

風水を信じる信じないはまた別の話として、

「今年中にインテリアの大きな買い物や

リフォームをすると運気が上がる」という言葉がうまく響いたら、

「いつかやりたい」が「今年やろう!」に変わる人もいそうですよね。

あと一歩で決心できそうなお客様がいたら、

この話をしてみるのはいかがでしょう?

住まいをきれいに整えるって

それでなくてもいいことばかりなので、

「壁紙を変えるといいらしい」

「家具を買うといいらしい」

「収納を見直すといいらしい」

「欲しかった照明を手に入れるといいらしい」

拡大解釈、全然ありだと思います(笑)!

今年中に本当にリフォームをするなら、もう動かないといけない時期。

風水では2023年の節分までが今年なので、

まだ間に合うかな?というタイミングでしょうか。

この件に関して上半期、何もしなかったので

反省して、下半期の目標を2つ立てました。

1. 自宅の水回りのリフォームを実現する

2. この話を触れ回って、インテリアのリフレッシュをする人を

草の根レベルで増やす

……さて、うまくいくでしょうか?

どうぞ良い週末をお過ごしください!

Comentarios


bottom of page