クリエイターズ・インタビュー:木村里紗子さん(マダム・ワトソン)

今回のゲストは、福岡のインテリアショップ「マダム・ワトソン」でベッドルーム中心のインテリア提案を行っている木村里紗子さん。これまでに何千人という顧客の理想を叶えた、ホテルのような心地よい寝室をつくってきました。寝室メインという点がとてもユニークなそのお仕事と、日々の暮らしの信条を伺います。

「マダム・ワトソン」のショールームにて。ふわっとやわらかな物腰だけれど、商品のディスプレイに立ち働く姿は、まさに必殺仕事人。

まず、皆さんにお聞きしている質問です。里紗子さんは、ご自身の言葉で表現すると何のプロフェッショナルですか?

ベッドルームを美しく、ラグジュアリーホテルのように仕立てるプロです。素敵なホテルにいるときの心地よい空気感や肌触りが、自分の家でも味わえることを、多くの方々に伝えたいと思っています。


ご自身も、ホテルのような寝室を持っていらっしゃるんですよね。

はい、2LDKのマンションに住んでいるのですが、平日用にシンプルなインテリアの寝室と、休日用にちょっとゴージャスなインテリアの寝室の2つを使い分けています。その分、キッチンはとてもコンパクトで、リビングダイニングの機能を休日用の寝室が果たしている、という感じです。


オフの日は、ご自宅でどんなふうに過ごすのですか?

今お話しした休日用の寝室が、もともとLDKに想定されていた南向きのバルコニーのある一番大きな部屋なのですが、そこで簡単な食事をしたり、気候のよいときはバルコニーにテーブルを出してお茶を飲んだり。ガーデニングや掃除もしますが、時間のあるときはベッドに入ったままDVDで映画を観たり、本を読んだりすることもあります。

フォーポスターベッド
平日用の寝室。シンプルなフォーポスターベッドにニュートラルトーンのベッドリネンで、パリのモダンなプチホテルをイメージ。撮影/元村明博

ホテルで過ごす休日そのものですね。でも、毎日きちんとベッドメイクして、部屋をきれいに保つのもご自身ですよね?

そうですよ(笑)! でも私、趣味がベッドメイクなので、全く苦にならないんです。ベッドメイクとアイロンがけが、絵を描くことと同じくらい好き。なんというか、リネンのしわをのばすとか、何かを磨くとか、きちんとしている状態をつくり出すのが好きなんですね。

上の写真と同じ部屋。カーテンを上手に使い、シンプルでいて贅沢な雰囲気を醸し出します。撮影/元村明博

今手がけているプロジェクトのことを教えていただけますか?

現在、コーディネート進行中の方が、福岡に3件、東京に2件、愛媛、広島、大阪、神奈川、札幌に各1件いらっしゃいます。それから、3年越しの仕事になってしまっていますが、収納についての本を執筆中です。

また最近、部屋のコーディネートの仕事のほかに、お客さま向けのベッドメイキング講座を始めました。きれいに素早くベッドリネンを替える方法や、アイロンを上手にかける簡単なテクニックをお教えするんですが、とても好評で、出張でもやってほしいと言われています。


そうでしょうね。いろいろコツがありそうですし、ぜひ自分でできる方法を知りたいです。

講座をしてわかったのですが、アイロンがけが嫌いな人って多いんですね。私はいつも「アイロンと掃除機は同じです」と言って講座を始めるんです。


??? どういうことですか?

掃除機もアイロンも、かけるとき、力を入れてごしごし押し付けていませんか? 多くの方がそうしていて、それが作業を苦痛なものにしているように感じるんです。ゴミを吸うのは掃除機、しわを伸ばすのはアイロン。だから必要以上に力を入れなくて