花咲く5月の前に

(2022年4月22日配信のニュースレターをこちらにも掲載します)


こんにちは。エディターの田村です。

あと1週間でゴールデンウィーク、なんとなく解放感のある金曜日です。

いかがお過ごしですか?


2年前のステイホームの時、

「初心者でも育てられる丈夫なバラ」という言葉につられて

バラ育てにハマりだしたのですが、3年目の今年も元気に育っています。


フランスのデルバール社という

バラの育種会社のHPを見ていたら、

ワインのアロマやフレーバーとか

香水のトップノート、ミドルノート、

ラストノートのように

時とともに移り変わる香りが

品種ごとに図解されていて、

にわかに興味を惹かれたのがきっかけでした。

説明の通りに育てたら、

それはそれはきれいな花が

真冬以外のほぼ一年中、咲き続けました。


調子に乗ってどんどん増え、

現在は20種類。

小さな庭が今は、アーチやトレリスや

オベリスクが乱立する

バラのジャングルのようになっています。

名前がわからなくなるので、

手書きの立て札も作りました。


若い頃はサボテンも枯らす女で

とてもバラなんて育てる柄でもなく、

仕事と労働後のお酒が大好きなだけだった自分の

初の趣味らしい趣味?です。


写真はお気に入りの「グリマルディ」(香りはレモン、少し遅れてローズ)、

ギー・サヴォア(香りは柑橘やベリー、少し遅れてバニラ)です。

どうぞ良い週末をお過ごしください!