手帳は手書きで

(2022年11月18日配信のニュースレターをこちらにも掲載します)


こんばんは。エディターの田村です。 11月もすでに後半。 皆さんは、新しい年の手帳を いつごろから使い始めますか?

Photo/Annie Spratt

私はいつも 今くらいの時期からおろすのですが、 今使っている手帳が 来年の3月まで書き込めるので、 ついついそちらに予定を書いてしまい、 まだ2023年分は未開封のままです。 Googleカレンダーも便利ですが、 それはもっぱら家族に 外出か在宅かのざっくりした予定を 共有するために使っていて、 仕事の予定は手帳に手書き派です。 なんというか、手帳を開くという 行為自体が好きなんですね。 ウィークリーのバーティカルタイプを 使っているのですが、 時間の長さが視覚化でき、 後で見返すとある作業やプロジェクトに 要した合計時間がわかるので、 今はこのスタイル一択です。


年間計画を一覧できるページが あるのも便利で、今年からは特に 年間のワークショップの予定を 立てるのにとても役に立ちました。 これが実物です。 (あまりきれいに書いていないので 少しぼかしました・笑)


もう一つ、この手帳には今年まで 巻末に192個書けるTo Doリスト欄が あってお気に入りだったのですが、 2023年版はただの自由記入欄に なっていて、ちょっとがっかり。 このTo Doリストに新年、 「今年やりたいこと」を 大きいことも小さいことも一緒くたに 100個以上書き、時々見ては思い出して、 実現に向けた計画を立てて、 一つずつ消していくのが 楽しみだったんですよね。 仕方ない、 来年からはノートに書くか。 これ、おすすめなので やっていない方はぜひ だまされたと思って 来年からやってみてください。 100個以上書くのって大変ですが、 お正月に楽しい予定や目標を のんびり考えるのはいい時間だし、 経験上、書いたことの半分以上は だいたい実現するし、 年末に見返すと、1年って意外と たくさんのことができるんだなぁ、 と嬉しくなりますよ! さて、現在は 「勝手に創業感謝祭第2弾」実施中。 ↓こちらと同じ内容の https://www.sp.creators-pr.com/hs2022 1時間ヒアリングセッションを 抽選で3名の方に プレゼントしています。 第2弾では対象者を 少し絞らせていただいていますが、 「ヒアリングセッションプレゼント ご対象者の方へ」というタイトルの ご招待メールの届いた方は、 11/24までにぜひエントリーして お仕事に役立てていただけたら嬉しいです。 当選された方には11月末までに 日程調整のご連絡をさせていただきます。 来週からは、第3弾として また新しい企画をお知らせします。 対象者を変えて第5弾まで 準備していますので、 最後までおつきあいくださいね♪ どうぞ良い週末をお過ごしください!