top of page

現実化のプロセス

(2023年2月3日配信のニュースレターをこちらにも掲載します)


こんばんは。エディターの田村です。


節分は旧暦の大晦日なので、

である2022年寅年も、今日で本当に終わり。

夏至の頃に立てた

自宅の洗面室とトイレの

インテリア全面リフレッシュをする!

という目標があったのですが、

予定より少し遅れたものの

まもなく実現できそうです。

一緒に廊下と玄関もやることにして、

現在着々と打ち合わせを進めています。

おそらく初夏には完成するはず。

今、自分の目の前に

かなり具体的になってきた

設計図面があります。

一つずつ選んで、決めてきた

水栓金具と洗面ボウル、

壁タイルに床タイル、

カウンタートップ、収納扉の面材、

ドア、ハンドル、照明、

壁紙の柄に、ペイント色。

それをデザイナーさんが

ビジュアルで一元化してくれたもの。

当然ですが、これって1年前は

影も形もなかったけれど、

私がやると決めたから、

目の前に現れてきたものです。

設計図だからまだ半分の現実ですが、

思い描いたら形になる、

現実化のプロセスそのままだよな、

と改めて思いました。

いつの間にか現実になっていた

願いや目標って、

きっと皆さんにもありますよね。

やりたかった今のお仕事についているのも、

会いたい人に会えたのも、

欲しいものが手に入ったのも、

ちゃんと現実になったのは、

それが本物の願いだったからだと思いませんか。

そう考えると、

次に本気でやることを決めるって、

すごく大切なことに思えてきますね。

決めないと、現実化しないですもんね。

まだ2023年は始まったばかり。

今年はどんないいことを一つずつ

現実化させていきましょうか。

今夜、節分の豆を食べながら、

考えるのもいいかもしれません。

(年の数だけ食べるのが

なかなか大変な年齢になってきましたが笑)

どうぞ良い週末をお過ごしください!

Comentários


bottom of page