top of page

パーソナリティは6階建てビル

(2023年6月16日配信のニュースレターをこちらにも掲載します)


こんばんは。エディターの田村です。

1ヶ月ほど前に、仲間に誘われて参加したコミュニケーションセミナーがちょっと面白かったので、今週はその話をしますね。

Photo/Jessica Ruscello

1960年代にアメリカの臨床心理学と行動科学の専門家が開発した、プロセスコミュニケーションモデル(PCM)の「KEY TO MEセミナー」というエントランスコースです。 NASAの宇宙飛行士の採用や、有名企業のリーダー研修でも多くの実績のある講座だそうですが、プライベートにも役立ち、夫婦やカップルで受けるのもおすすめという内容。 私なりに簡単に説明してみると… 専門研究に基づく6つのパーソナリティタイプがあり、 Thinker(理論派のリアリスト) Persister(義に厚い理想主義者) Harmonizer(調和を重んじる人情派) Imaginer(想像力豊かな内省の人) Rebel(楽しいこと大好き人間) Promoter(決断の早い行動派) 誰もがこの6つを全部持っているのですが、そのバランスがそれぞれ違う。そして、個人のパーソナリティの全貌を、6階建てのビルにたとえています。 事前課題として、1時間はかかる複雑な質問に答える必要があるのですが、当日会場に着くと、自分の席にその診断レポートが置いてあります。これがその6階建てのビルで、こんな色分けのグラフも配られます。


1階(一番下)に位置するパーソナリティが、幼少期に形成されるその人の「ベース」で、それは終生変わりません。また、下の階ほどその特徴が濃く表れます。 6階建てのビルにはエレベーターがついていて、現在、エレベーターが停まっている階にあるパーソナリティがその人の「フェーズ」と言われ、現在、最も優先したい願望が表れるそうです。

(この「フェーズ」と「ステージ」の考え方がとても興味深かったのですが、話が長くなるので今回は省略します) 性格や価値観、話し方や思考パターンはもちろん、物事の受け止め方、表情の作り方(顔のどの部分にシワが寄るかとか!)、言いがちな言葉、落ち込み方のパターンまでわかる。

まさにKEY TO ME、自分の取扱説明書を解説されている感じでした。 私が受けたのはエントランスコースですが、講座にはまだまだ先があり、相手を知るためのコースもあって、大変奥深い世界のようです。 以前ちょっと書いたことのある(→こちらの記事)ウェルスダイナミクスやストレングスファインダー、エニアグラムともまた別のアプローチで、仕事にも自己探求にも役立つ内容でした。 とても人気がある講座で、9月まで予約がいっぱいだそうですが、興味のある方はリンクを貼っておきますので、調べてみてください。 PCM/6つのパーソナリティタイプ ところで、大企業の管理職の方などは、こういう面白い研修を普通に受けていたんですかね? 私は会社員時代、全く研修なんてなかったので、とてもうらやましいです。 どうぞ良い週末をお過ごしください!

Komentarai


bottom of page