クリエイターズ・インタビュー:ハウスオブポタリー 荻野洋子さん

生活雑貨とアンティーク、建築とインテリア、庭づくりと幅広い分野で、イギリスの暮らしをテーマにエレガントなスローライフを提案し続けて30年。今回は「ハウスオブポタリー」の荻野洋子さんをご紹介します。

1年前の初夏、ショップにて。長い間看板犬を務めた人気者バーティ(当時16歳)と荻野洋子さん。

荻野さんは、ハウスオブポタリーをスタートしてから30年間、どんどんご活躍の場を広げてこられましたね。ビジネスを始めたきっかけや、ショップをオープンされた頃のことを振り返っていただけますか?

外語短大の指導教授のアドバイスで卒業後に1年間、英国ケンブリッジのカレッジに留学し、25歳でさらに1年、イングランド中部のダービーのカレッジに通って、景観デザインを学びました。帰国後は外資系の会社に勤めながら、大好きなイギリスの生活にまつわることを仕事にする夢を実現するために、どんな形で起業するのがいいだろうと案を練っていました。30歳少し手前で結婚して子どもが生まれ、息子が3歳になった32歳のとき、会社員時代の貯金を元手に、事業をを始めました。

アイデンポタリーの手描きの器、スイカズラとブルーデイジー。窯は残念なことに10年前に生産を終了。現地で10倍以上の値段がついているのを見ることもあるそう。

初めに手がけられたのは、陶器の輸入販売だったんですね。

イギリスの歴史と奥行きのある生活文化を、どんな切り口で日本の方々に伝えようか考えた結果、まずはテーブルの上から始めようと決めました。「ハウスオブポタリー」(直訳で「陶器の家」)という名前もそこから来ています。当時の日本人にとってイギリスのテーブルウェアといえば、ウェッジウッドやロイヤルドルトンなどの高級ブランド食器のこと。でも本国にはもう少しカジュアルなクラスの素敵な器もたくさんあるので、それを知ってもらおうと思ったんですね。インターネットのない時代でしたので、陶器会社のイエローページのような本を取り寄せて100社ほどピックアップし、1通1通手紙を書いて商品カタログを送ってもらいました。その中から2社ほど感性の合う会社が見つかり、そのうちの1つが南部のライという町にある「アイデンポタリー」でした。家族経営の小さな工房で、現地に1ヶ月ほど滞在して作り方や絵付けの仕方もじっくり見てきました。いきなり手紙を書いてきた見知らぬ外国人の私を暖かく迎えてくれ、私も「あなたたちの器を日本に広めるから」と約束して。彼らとは長いお付き合いになりました。


ジェーン・ホグベンの陶器も息の長い人気商品。現在はマグやボウルなどを生産しています。

ご自身で選んで輸入した陶器は、よく売れましたか?

鎌倉山の麓に小さな店を構え、器を売り始めたのですが、当初は全くと言っていいほど売れませんでした。全てを任せてくれたアイデンポタリーをはじめとする作り手の皆さんに申し訳なくて、いてもたってもいられず器を持って東京の雑貨ショップに突撃営業に行ったのを思い出します。そのうち、月に1店舗くらいずつ契約が取れるようになって、卸の仕事が軌道に乗り始めました。2年めに、英国大使館の商務部の方が訪ねてきてくださり、池袋サンシャインシティで行われた国際見本市にブースを出すことになりました。


初めての展示会出展ですね。

ある日、ブースに立ち寄ってくださったのがインテリアスタイリストの岩立通子さんと、雑貨カタログ創刊編集長の石神真紀子さんでした。しばらく丁寧に器をご覧になって「面白い商品ね」みたいな会話をされているのが聞こえてきたのですが、岩立さんがふとこちらを向いて「すごくユニークね。あなたが選んだの?」と。「はい」と答えると「これ、とてもいい商品だから、間違わないように取り扱いなさいね」とおっしゃったんです。


岩立通子さんといえば、インテリアスタイリストのパイオニアですよね。「間違わないように」って、どういう意味だったんでしょう。

高級ブランド品じゃないけど、大量生産品とも違う。売れた方がもちろんいいのだけど、ただたくさん売れればいいというわけでもない。この器の持つ魅力をわかって取り扱ってくれ