クリエイターズ・インタビュー:刺繍デザイナー 青木和子さん

今回のゲストは、刺繍デザイナーの青木和子さんです。庭と暮らしと旅を大きなテーマに、糸と布を自在に操ってまるで絵を描くように表現する、豊かな刺繍の世界に魅せられるファンは多く、年に1〜2冊出版される著書の多くはロングセラーに。25年近く第一線で活躍されている青木さんの、クリエイションの背景を伺いました。

ご自宅の庭にて、青木和子さん。撮影/原野純一

青木さんが刺繍のお仕事を始められた頃のことを教えていただけますか?

刺繍はずっと趣味でやっていたのですが、結婚してからは専業主婦をしていて、子育てしながら家でできるフリーランスの仕事を模索していました。植物画をクロスステッチのデザインに起こして方眼紙に描き、サンプルと企画書にまとめたものを出版社に持ち込み、それが採用されたことが、この世界に入るきっかけになりました。1997年、NHKの番組「おしゃれ工房」のテキストの表紙担当が、刺繍を本格的にキャリアとしてスタートできたと思えた仕事です。


初めての本でご自身の企画提案が通るなんて、素晴らしいですね。

いろんな意味で運もよかったんです。当時の出版界は出版点数のピークを迎えていて、手芸の世界ではパッチワークブームの頃でした。私の作るものはあまりほかと重ならなかったようで、企画を作って持っていくと、わりとすぐに決まりました。競争するのが苦手なので、誰もいなさそうなところにすっと入った感じかもしれません。美大卒業後に勤めたカラーデザイン研究所で、デザインのプレゼンテーション方法を学んでいたのも役に立ちました。自分で企画を作るというスタイルも合っていたんだと思います。


明るい窓辺にもグリーンを飾って。窓越しに見えるのが別棟のアトリエの外壁。撮影/原野純一
布の上に刺繍糸で描くイラストレーション。思い通りの色と質感を出すために、何度もやり直すこともしばしば。

プレゼンがすんなり通ったのは、企画がよかったのでしょうね。

でも、初めての本づくりは時間がかかって本当に大変でした。本を出し始めた頃から5年間ほどは、戦後の出版界を担ってきたベテラン編集者の方々がまだ仕事をしていらして、ご一緒するなかでいろいろ学べたことは本当に幸運でした。新人の育て方や企画の練り方も実にすごくて、怒られることもありました。今はそういう泥臭い情熱みたいなものを直接感じることはなくて、もっとスマートでソツのない感じでお仕事が進んでいきます。どちらがいいというわけじゃないですけれどね。


その後ほぼ毎年、著書を出版されています。特にお気に入りの本はありますか?

どの本も一冊一冊、それぞれの思いが詰まっていますが、一つ挙げるとしたら『旅の刺しゅう』シリーズ(文化出版局)でしょうか。どんな本を作ってみたいか問われ、旅に出かけてその印象を刺繍で表現してみたいと提案しました。刺繍キットを作るメーカーが協賛してくださり、旅のインスピレーションを綴るというテーマでシリーズ化され、一番古いものは版を重ねて、先日11刷になりました。


植物や花や庭は、青木さんにとって重要なモチーフですね。園芸雑誌や花の雑誌で連載をされていたこともあるとか。

自宅と離れのアトリエの間に小さな庭があって、いろいろな植物を育てています。刺繍のキャリアをスタートした頃はバラに凝っていたのですが、今は長くマイペースで庭とつき合えるよう、バラは少しだけ残し、自分で手入れができる好きな花を中心に楽しんでいます。庭の草花や、訪れる虫や鳥を観察してスケッチしたり、図鑑で確認したりして、そこから刺繍のデザインを起こすことがよくありますし、旅先でも野原や庭を訪れることが多いです。


初夏の雨上がりの庭。多彩なグリーンのグラデーションと白い花々の対比がさわやか。撮影/原野純一

青木さんの肩書きは「刺繍作家」ではなく、「刺繍デザイナー」なのですね。

はい、自分の作品を作って発表するというより、リクエストに合わせてデザインをする仕事なので、刺繍デザイナーです。テーマや目的をいただいて、布をキャンバスに刺繍糸という画材で、イラストを描くようにデザインをします。書籍の場合は、誰もが作れるように色やステッチの組み合わせをデザインするのが仕事です。もちろん読者の方が楽しめるようにとも考えています。