クリエイターズ・インタビュー:bp international tokyo代表 林田典子さん

今回のゲストは、テキスタイルの輸入ビジネスを営む林田典子さんです。ヨーロッパのテキスタイルメーカー6社のエージェントを務め、30社以上のパートナーシップを軸に、ヨーロッパと日本のインテリアテキスタイル業界の架け橋となって飛び回る林田さんに、お仕事や暮らしについて聞きました。

ヨーロッパのテキスタイルと輸出入、2つの大好きなことが仕事になったと語る林田さん。

今のビジネスを始めるまでの背景を教えてください。

アメリカ留学がきっかけです。カレッジのインテリア学科で学ぶために渡米したのですが、どちらかというと初めから輸出入の方に興味がありました。そのまま現地のアパレル系の輸出会社に就職して、しばらく輸出の仕事を担当してから帰国。その後11年間会社員をやって、独立して会社を作りました。


ずっとテキスタイルの輸入のお仕事なんですね。

そうです。テキスタイルの仕事は22年目、会社を作って13年目になるのですが、開発メーカーやエディターブランド、テキスタイルデザイナーなど、当初からの仕事仲間がヨーロッパを中心とした各地にいるので、彼らの商品を日本のマーケットに、エージェントとして良い形で届ける仕事ですね。自分の役割は、文化や常識、ビジネスの仕方の違いを踏まえ、両者の一番いいところを見つけて橋渡しをすることだと思っています。単に品質が良いことをアピールするだけでは売れないので、日本向けの企画アイディアを出したり、日本で売るための作戦を考えて提案したりするのは重要な業務です。


林田さんがエージェントを務めているテキスタイルブランドについて、いくつか教えていただけますか?

水だけで汚れが落ちる、スペイン製の「アクアクリーン」という椅子張りのファブリックがあるのですが、このブランドの日本展開の際に結果を出せたことで、スペイン本社が信頼してくれたことが大きく、ビジネスが軌道に乗りました。日本はクオリティ基準の高さでは世界一厳しいと言われますし、商談が始まってから実際にビジネスがスタートするまでに数年かかったりすることもあるので、そのあたりをよく説明してスペシャルなバックアップをする必要があります。とにかく信頼関係が大切なんです。

北欧テキスタイルの代表的なブランドのひとつ、テイヤ・ブルーン。

また、フィンランド生まれでスウェーデンで活躍する人気テキスタイルデザイナー、テイヤ・ブルーンと一緒に、ライフスタイルブランドオック・テイヤ・ブルーン」を作り、エージェントも務めています。北欧の美しい自然をモチーフにした親しみのあるデザインで、日本人の好みにも日本の家にもよく合い、おかげさまで愛されるブランドになりました。16年前に初めてテイヤに会いに行って、「インテリアを楽しむってこういうことなんだ」と心から納得できる、地に足のついた考え方に衝撃を受けたことを思い出します。美しい自然と自分の暮らし、家族や友人との共存、環境に対する考え方。見習うべきものがいつも見つかります。パリもロンドンもミラノも大好きですが、北欧はなんというか、ちょっと特別。日本との共通点も多いですし。そのためか、北欧デザインって、インテリアにすごく興味があるわけじゃない方々にも受け入れられるんですよね。


この春も、新しい北欧テキスタイルブランドのプロデュースをされましたね。

4月に「ノルディスカ・ティーゲル」というブランドを発表しました。コロナ騒動が一番ひどい時期、緊急事態宣言が出される直前のデビューになってしまったので、プレス発表会ほか、予定されていたお披露目イベントは全て延期になってしまいました。でも、デビューの日に公開した公式ウェブサイトと、その後オープンしたオンラインショップが好評で、本当によかったと思っています。

チキ・マットソンによる1967年のデザイン「NIPPON」。ダイナミックかつ繊細な線が和の空間に似合う。「ノルディスカ・ティーゲル」公式サイトより
1960年代、70年代のヴィンテージデザインを現代風に。5,000円台で手に入るクッションカバーは大人気。「ノルディスカ・ティーゲル」公式サイトより

ブランド誕生のエピソードをもう少し詳しく教えてください。

2年前の6月に開催されたインテリア&ライフスタイル展で、</