クリエイターズ・インタビュー:島田幾子さん(karf)

今回のゲストは、目黒通りのインテリアショップ「karf」の島田幾子さん。ご主人の島田雄一さんとともに、ベーシックで上質な仕立てのオリジナル家具とセレクトしたヴィンテージ家具を通じ、住む人の暮らしに寄り添う心地よい空間を提案し続けて32年。インテリアの仕事に加え、家族と暮らしについて思うことなどを伺いました。

島田さんは、ご自身の言葉で表現すると何のプロということになりますか?

幾子さん:はい、karfの中ではですね……(とインタビューを始めていたら、たまたま近くを通りかかった雄一さんが隣に座って、最初の質問だけ一緒に答えてくださいました)

雄一さん:「こんなもの作りたい」というところからスタートするのが僕のアプローチ。スペックや職人的なハード面の話が得意で、ときには溶接ポイントやエッジの角度など相当細かい話にもなるんですが、彼女はそういうことも含めたうえでkarfの家具を、使い手目線、家族目線をもって、よりよい環境で魅力が伝わる見せ方を提案する役目を果たしてくれています。

幾子さん:そう、家具づくりと暮らしをつなげる役割ですね。実際の使い方や、空間における気持ちのいい組み合わせ方の提案を、個人的な暮らしの実感からのフィードバックも含めて行っています。マンションと一戸建ての家具の置き方の違いなど、実体験で感じたことをお店の中で伝えていく役割もあります。


幾子さんがお仕事をするうえでいちばん大切にしていることは何ですか?

何をするにも自然な流れがあると思っているので、不自然なことはしないかな。少しタイミングがずれても、自然な流れに従うようにしています。何か問題があるときは無理をしてもうまくいかないので、風が吹くのを待ってみよう、と自分でタイミングを試すときもあります。インテリアのディスプレイも同じで、入り口に立ったときに見える景色や視線の流れが気持ちいいと思える、自然な空気感を心がけています。マニュアルもないし、言葉にしにくいことですが、何が自然なのかは繰り返しやってきた感覚が覚えています。以前はそれを言葉で伝えられないとダメだと思っていたのですが、今は逆にその感覚が強みになるかもしれません。マニュアルにない、AIに取って代われない人間の面白さとも言えると思うので。

karfの1階入り口付近のディスプレイ。トレンドをほどよく取り入れ、気持ちよく視線が流れるように配置。

東京の都心でインテリアショップを30年以上続けるのは並大抵のことではないと思います。大変なことも多かったのではないでしょうか。

創業当時と比べて今はスタッフも増え、事業も広がったので、責任が重くなった分大変とも言えますが、今思い出したのは、恵比寿で10坪くらいの小さなお店を3人でやっていた頃のこと。その日のうちに済ませなければならない支払いがあって、でもどうにも工面ができず困り果て、万策尽きたと皆でうなだれていました。すると閉店直前の時間にお客様が見えて「前からこの家具が欲しかったんです」と言って、その支払い額を優に超える価格の家具を、しかもキャッシュで購入してくださったんです。

ゆったりと家具を見て回れる3階建てのビル。2階の階段上から目黒通りに向かった窓を望む。

すごい! 神様は見ているんですね。

八方塞がりの状況になったとき、突き詰めて考えては堂々巡りになって、とことん落ち込んで、そのうち考えるのにも疲れてきます。それで「もういいや、考え尽くしたし、手も尽くした。きっとなんとかなる!」と覚悟を決めた瞬間、不思議なことに何かがやってくるんですね。これに近いことをいくつか経験して思ったのですが、腹をくくって覚悟を決めてからが本当の勝負だなぁと。できる限りを尽くすのは自分のモットーですが、主人も同じ考えを持っていると思います。


どこまでも前向きです。

そうですか? 何か悩みがあるとき、愚痴を言っている暇があったら、そのために何ができるか考えたいんですね。解決策があるときは落ち込まないです。すぐに策が思いつかなくても、ひっくり返せばどうなるか?と自分に聞きます。困ったときの処方箋はたくさん持っている方だと思います。