クリエイターズ・インタビュー:料理研究家 エリオットゆかりさん

今回のゲストはイギリス在住の料理研究家、エリオットゆかりさんです。百貨店イベントやカルチャースクールの講師、食やライフスタイル関連の企業とのコラボレーションを多く手がけ、今年もさまざまなプロジェクトが進む予定でしたが、今はご自宅時間を楽しみながらこれからできることを準備している日々だそう。4月に行ったインタビューをご紹介します。

ゆかりさんの現在のご活躍のきっかけは、料理ブログだったんですよね。

はい。イギリスに移住した2年後の2002年に、日本の友達に元気でいることを知らせよう、くらいの気軽な気持ちで始めたんです。子どものときから料理が好きで、母を早くに亡くしたこともあり、若い頃から父のために料理をするのが習慣でした。イギリスではホームパーティで作った料理がきっかけでケータリングビジネスを始めることになり、日本ではブログに作った料理をアップしているうちに読んでくださる方が増えて「料理ブロガー」と呼ばれるようになり、依頼されてレシピを作る仕事もするようになりました。

自然に料理のお仕事への道が開けていったんですね。そんなゆかりさんのお仕事を、ご自身で表現すると、どんな言葉になりますか?

イギリスの暮らしを紹介しながら、みなさんに喜んでもらえるレシピや暮らしのアイデアを発信する人、というところかな。料理研究家は研究するという意味では合っていると思うのですが、自分を料理家と呼ぶことにはちょっと勇気が要るんです。私は学校で料理を学んだわけでもないし、専門があるわけでもないので。一時、マネージメントをお願いしようと思って事務所に所属していたのですが、入るときに「あなたは何料理を作る人ですか?」と聞かれて、簡単・節約でも、創作和食でもない、イギリスに住んでいるけどイギリス料理でもない、自分らしさって何だろう? と悩んだ時期もありました。でも、一つに決めてしまうのも自分じゃないなと思って。目の前のことを毎回真剣にやるうちに、おかげさまでご縁がつながり、仕事の幅も広がってきました。ブログはもう18年続けているのですが、私の原点はブログだ、ということは忘れずにいたいと思っています。

ロンドン近郊から昨年、歴史ある街バースに引っ越しされたんですよね。新しい家のことについて聞かせてください。

新居だけど、古い家なんですよ(笑)。築250年、ジョージアン時代の家です。バースは古くから温泉療養で栄えた街で、イギリス各地のお金持ちの社交場でもある別荘地でした。そんな土地にある家なので、召使いの人が料理をするための半地下のキッチンがあります。改築して地上階にキッチンを作り直す人もいますが、私の住んでいる家の主は代々、半地下キッチンのまま住んできたようです。ちょっと薄暗いんですが、これが意外に落ち着くし、夜はワインバーのような、なかなかいい雰囲気になるんです。

古いキッチンドレッサーがインテリアのポイントになっていますね。

このドレッサーは備え付けでした。いつの年代のものか不明なのですが、ジョージアンまでは古くなさそうです。いろいろな意見がありますが、おそらくヴィクトリアンのものかと思います。ティーポットやティーカップのコレクションが引き立つように、「ファロー&ボール」のオフブラックという色で塗装しました。しまう収納に慣れていたので、最初はこんなに大きな見せる収納のスペースがあることに戸惑いましたが、今はお店のディスプレイ気分でデコレーションを楽しんでいます。



ところで話は変わりますが、今、手がけているプロジェクトについて、一つピックアップして教えていただけますか?

お声がけいただいたのはもう3年近く前になるのですが、岐阜県多治見市の井澤コーポレーションさんの「OISHIIプロジェクト」から生まれた「The Light Porcelain」という器ブランドのPRのお手伝いをしています。エコで超軽量で機能的、和洋を問わずどんな料理にも合わせられるデザインで、日本の伝統を大切にしながら、電子レンジや食洗機にも対応する、現代の用途に合ったグローバルな器です。陶器業界の活性化や、日本の器のよさを海外に発信するなどさまざまなミッションのある壮大なプロジェクトなのですが、私の主な役割は、実際の使い方をレシピやテーブルコーディネートでご紹介すること。「Dining Frame」というプロジェクトサイトもあります。

器が生まれる背景を知って欲しいとのことで、日本全国の窯元めぐりもさせていただきました。家族経営の工房にお邪魔して、職人さんにお話を聞きながら、型作りや絵付けを見学したのですが、作陶の雰囲気や作る人たちのリアルな姿に触れたことで、この魅力を伝えたい思いがさらに強くなりました。今後も皆さんとじっくり温めて取り組んでいきたいです。